このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 屋根・外壁リフォームの第一歩
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
屋根・外壁リフォームの第一歩屋根リフォームの基礎知識

屋根 棟上げ

 私は屋根で日向ぼっこするのが好きです。屋根は内装や外壁などと比べ、日常で目にする場所でないだけに忘れがちですよね。でも実は家を雨風から守るための、とても重要なものです。

では、家を建てるとき、屋根はいつ作るのでしょうか。

建前までの作業

建前のあと棟上げとなり棟木を取り付け、そして屋根を作ります。建前は、以下のような作業です。

  1. 家の土台に柱を立てます。
  2. 柱の間を梁で繋ぎます。
  3. 最後に一番てっぺんの部分である棟木(むなぎ)を取りつけます。

家の骨格がみるみるできあがっていく、最もワクワクする工程ですので、カメラやビデオに収める施主の方も多いです。

そして、最後に取り付けた棟木に祭壇を作り、神様に棟上げまでの無事を祈願する上棟式を行います。

屋根を作るまでのイメージができたでしょうか?

 

屋根を作る

そしていよいよ屋根を作ります。屋根さえ作れば、雨が降っても作業できますからね。

屋根を作る手順は以下となります。

  1. 天井と屋根の間(小屋組)の上に45cmおきに木材(垂木)を取り付けます。
  2. 垂木の 上に板(野地板)を張りつけます。
  3. 野地板の上に防水シートを張ります。
  4. 防水シートの上から屋根材を葺いて行きます。

 

どうでしょうか?

普段頭の上にあるが、漠然としたイメージを持っていた屋根を、身近に感じていただけたでしょうか?

屋根は雨を遮るという最も家にとって重要な役割を持っています。建てた後は定期的にメンテをしましょう。一度外壁塗装センターを訪れてみてください。屋根や外壁のメンテナンスの勘所を易しく勉強することができます。

では、次に屋根を作る屋根材にはにはどんな種類があるのか、見てみましょう。


街の屋根やさん千葉で屋根リフォームを